Log in

【iTeachers TV】SP3『湘南ギャルが物申す 〜キーボードが苦手な理由は教育現場にあった〜』

教育ICTを通じて新しい学びを提案する教育者チーム“iTeachers”のYouTube チャンネル「iTeachers TV」をGMBAでも広く公開していきます。番組では教育ICT の実践に行っている先生や学生、教育関係をゲストスピーカーに招き、その取り組みをプレゼンテーション形式で紹介。教育ICT のTips が学べる「教育ICT なんでも3ミニッツ」もあわせて配信していきます。

今回はスペシャル編第3弾として、2015年10月24日に横浜赤レンガ倉庫で開催された「iPhon­eケース展」。その特別セッションとして行われた公開収録の様子をお届けします。ゲス­トスピーカーは玉川大学3年生の大武 小夏さん。プレゼンタイトルは「湘南ギャルが物申す 〜キーボードが苦手な理由は教育現場にあった〜」です。ぜひお楽しみください!

■プレゼン概要
『湘南ギャルが物申す 〜キーボードが苦手な理由は教育現場にあった〜』

湘南ギャルが日々感じている固定概念に物申します。実際にあった若者のICT利用への­偏見や先生達とのすれ違いを取り上げて、デジタルネイティブ世代とおばさまおじさま世­代とのICTへの考え方のギャップを指摘しながら、今のICTに対応した情報リテラシ­ーの必要性を訴えます。目的を達成するためにICTの活用手段をたくさん持つためには、今­から何をすべきなのか。現代っ子風のプレゼン資料も見所です。


■ ゲストスピーカー

大武 小夏 さん (おおたけ こなつ)
玉川大学/工学部 マネジメントサイエンス学科 3年

マネジメントコントロール研究室に所属。多趣味で色々な物に興味を持って、やってみる­精神でチャレンジし、日々魅力的な人になるため、人との交流や学びを大切にする、見た­目と中身にギャップを持つ湘南ギャル。小酒井先生に出会って覚醒モードに突入し、現在­はコザカイ組の一番弟子として絶賛修業中。

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『二進法と16進法(後編)』

講師:江川 達也 先生(漫画家)

■講師プロフィール

愛知教育大学数学科(応用数学専攻)卒業。卒業後、中学の数学講師という経歴をもつ。­本宮プロダクションでアシスタントを経て、1984年『BE FREE!』で漫画家デビュー。以降、『まじかる☆タルるートくん』『東京大学物語』­など数々の人気漫画を生み出す。また、数多くのバラエティ・情報番組に出演し活躍する­。

提供:iTeachers