Log in

Sansanのスキャンサービス頼んでみたら、スキャンマンが来た。【GMBAモバイル研究所】

こんにちは!編集部の鎌田です。
すっかり夏ですね。暑い暑い日々が続きますね。※撮影当時夏でした。

いやしかし、うっかり冬ですね!これから寒い日々が続きますね。

この度、GMBAでもそんな寒さを感じさせない熱い熱い企画が始まります。

その名も…GMBAモバイル研究所」!!

GMBA事務局の矢ヶ部さんと一緒に、BtoB向けアプリやサービスを試してみようという、世にもありがちな「やってみよう企画」です!

記念すべき第1回は以前から気になっていた、Sansanの名刺スキャンサービス。
それは、第1回GMBA Meetupの登壇依頼のためにSansanに訪れたときのこと…

「名刺を何百枚もスマートフォンで写真とるの大変じゃないですか。会社まで行ってスキャンするサービスもありますから」

と、Sansan株式会社Eightエバンジェリストの日比谷さんがおっしゃいました。

確かに、たまりにたまった名刺。会社でスマートフォンのカメラをパシャーパシャーと鳴らし続けるのは、上司の熱い視線に耐えられる強いハートの持ち主くらいでしょう。

ということで、呼んでみました!

Sansan株式会社のスキャンサービス!!

DSC 0011

DSC 0010

 爽やかです! 担いでいるのはスキャナーですね。思っていたよりも小型です。

DSC 0016

「日比谷さんおひさしぶりです! Meetup以来ですね!」

※日比谷さんが登壇された第1回Meetupの様子はこちらの記事からどうぞ↓

使っているのが当たり前!? 名刺管理に新時代を!「Sansan」ダイジェスト版

 

さて、まず最初は名刺交換です。

DSC 0014

「スキャンマンの金です」

 

スキャンマン? 

 

…Sansan内でそう呼ぶのかな。。

DSC 0016 02

「別の会社です」

IMG 7122

「……え?」

DSC 0016 02

「別の会社です」

そう!Sansanの名刺スキャンサービスとは、名刺管理アプリEightと派遣型スキャンサービスを行っているスキャンマン株式会社が連携したサービスだったのです! すっかりSansan株式会社の中で行っているサービスかと思ってました。

01

とか言ってるうちに、準備は進みます。

DSC 0020

金さんと一緒に来てくださった美人広報、大野さんもスキャンを手伝ってくれます。

DSC 0023

今回お願いしたGMBA編集長が持っていた名刺。だいたい、1000枚くらいと予想。完全にスキャナーにピント持っていかれてますが。

DSC 0021

Sansan株式会社の日比谷さんはスキャンマンではないので、暇そうです。

そしてここで、「Eight × スキャンデータ取り込み依頼書」の説明を受けます。例えば、英語と韓国語が書かれた名刺がある場合、英語を優先しますか?他言語を優先しますか?といったような質問が書いてあります。できるだけ、ユーザーのルールに沿って名刺データをつくってくれます!素晴らしいですね!

DSC 0079

このとき、とても重要なことを記入します。EightのIDとパスワードです。これをスキャンマンに教えないとスキャンデータをEightのデータセンターへ送ることはできません。当日、パスワードをスキャン用に一度簡単なものに設定し直して下さいという指示のもと「123456」のような簡易パスワードに変更して記載するのです!

DSC 0080

無事に依頼書にサインも終わり…

さてさて、いよいよ名刺をスキャンか!?

 

と思ったら!

 

DSC 0027

名刺裏表チェーーーック!!!
名刺は、裏表を整頓しないとデータ化が難しくなります! 一枚一枚名刺の裏表を確認していきます。

後は、スキャナーにセット!スキャンスタート!

DSC 0029

DSC 0050

(八号機シールが気になる…)

DSC 0037

まだまだスキャン!

 

……………

 

DSC 0048

ちょっと暇そうです。

そして、「君たちコンセプトが甘いよ」と暇を持て余した日比谷さんが言い出し、GMBAモバイル研究所のコンセプトを考えだしました。

DSC 0032

「iPhoneとAndroidのかぶりものを段ボールで、こうやって、こう作って…」

DSC 0036

あれ矢ヶ部さんが乗り気に。本当にやるのかな…

 

 

そうこうしているうちに、スキャンマンのポロシャツとステッカーが到着!会社が近いということで、撮影のために自社ロゴが入ったポロシャツを持ってきてもらったようです。

DSC 0053

スキャン中、笑顔で着替えにいく金さん。

 

 じゃん!!

DSC 0055

変身!これがほんとのスキャンマンです!キラキラ輝いてみえます!

そして、ステッカーをもらう矢ヶ部さん。

DSC 0062

DSC 0063

嬉しそうな矢ヶ部さん。

DSC 0065

仕事中の金さんの後ろでふざけだす矢ヶ部さん、先輩の後ろで同じくふざけだす大野さん。

DSC 0052

PCにスキャンマンのステッカーを貼り出す日比谷さん。嬉しそうに指をさす大野さん。

もうみんな飽きてきたので、一人スキャンを続けてる金さんにインタビューしてみることにしました。

DSC 0060

鎌田:スキャンマンは、もともと名刺スキャンのサービスをされてたんですか?

金:いや、1番始めは、自炊代行ですね。プロセスを逆にして、ユーザーさんが送らずに自分たちが行くというサービスをしていました。ただ、法律的に難しくなったので、法人に特化してサービスを開始しました。

鎌田:なるほど

金:そういう中で、名刺がフックとして一番いいので、ご縁のあったSansanさんと一緒に組ませていただきました。

鎌田:なるほどですね。スキャンマンに頼むとどれくらいでデータになるんですか?

金:もう、今データを送っているので、処理待ちですね。早ければ明日にでもEightに反映されてるかと。

ガガッ

鎌田:今、変な音しませんでした?

あ!名刺がつまってる!!

DSC 0045

とても薄い名刺がまざっているとスキャナーにつまってしまうことがあるそう。でも、だいたいつまる前に気づくそうなので、みなさんご安心を!

そして終わりが近づいてきて急に手伝いだす矢ヶ部さん。

DSC 0073

なんだか暇を持て余しているような記事になってしまい、「呼んだら結構時間とられるのかなぁ。ずっと見てないといけないのかなぁ」と心配させてしまったかもしれませんが、ご安心ください!実際スキャンをしている最中はスキャンを見守っていなくて大丈夫です!

「通常であればみなさん普段通り仕事されています」(金さん)

ね!お忙しい方でも安心してサービスをお願いすることができますよ。

 

そして…

 

ついに…

 

DSC 0086

スキャン終了ー!!なんと、829枚でした!!ありがとうございました!!約1時間半、本当にお疲れさまでした!

 

終わった終わったと安心している中…

 

DSC 0016 02

「これ大丈夫?ちゃんとオチついてる?」

最後まで、記事の心配をしてくれた日比谷さん。もう、研究所所長でいい気がしてきます。

そして、とあることに気づく所長。

「あれ、これスキャンマンの宣伝になってない?」

DSC 0088

そんなことないですよ〜!!

 

……

 

…………

  

みなさま、スキャンマンを呼んでもEightに登録していないと始まりません。Sansan株式会社が提供する名刺管理アプリ「Eight」です。覚えましたか。Sansan株式会社が提供する名刺管理アプリ「Eight」ですよ。覚えましたね!?

eight

日比谷さん、安心してください。読者のみなさんは夢に見るまでEightのことを考えているかと思いますよ!

そして、今回誰が一番幸せだったって、たぶん、GMBA編集長です。たまった829枚の名刺をスキャンしてもらい、見て下さい!このスマイル!

DSC 0093

ありがとう日比谷さん! ありがとうスキャンマン!(金さん、大野さん)

DSC 0092

今回は実際に会社に来ていただきましたが、郵送での名刺スキャンサービスもあるとか! これは要チェックです。私は人見知りなので、食い入るように見てしまいました。

02※画像をクリックするとお申し込み画面へ遷移します。

さて、ここでスキャンマンさまから、GMBA読者の方に特別プレゼントのお知らせです! なんと! 「GMBAの記事を見て申し込んだ」と言うと通常500枚3,000円のところが500円割引きの2,500円になります!素敵!素敵スキャンマン!ありがとうございます!

そんなスキャンマンさまからさらにお知らせです。

「派遣型スキャン代行サービス「SCANMAN」にて、一緒にスキャンしてくれる仲間を募集しています。業界唯一の派遣型のスキャン代行サービスなので、誰もが知るような憧れの大企業から、今をときめくベンチャー企業までいろいろなところに出向いたり、弊社オフィスにてスキャン作業をしていただきます。 業務内容はあまり難しくないのですが、お客様やチームの仲間と円滑なコミュニケーションがはかれることと、誠実な人を募集しています。スキャンマンは社員全員が20代と若く、アルバイトスタッフも学生が多いので、とても和気あいあいとした雰囲気ですぐに馴染めます。 是非一度、お気軽に遊びに来てみてください!」

詳しくは、下の画像をクリック!

03

興味がある方はメールからでも応募できます。(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

執筆者

鎌田智春(GMBA編集部 編集者)_Webデザインの雑誌に携わり、GMBAに参加。一応、デジタルネイティブ世代でPCやタブレットに抵抗はなく、アプリやサービスもとりあえず試してみるタイプ。生活の一部になったモバイルについて本当に最大限その力を活かせているのか、本人もまだ模索中。