Log in

悔しいけれど勧めたい仕事で使えるアプリ2選 Sansan株式会社Eight エバンジェリスト日比谷さんに聞く【apps relay】

日々、さまざまなアプリが生まれては消え、インストールされてはアンインストールされています。仕事で使えるかもしれないとインストールしたアプリも、なんだかんだ使いこなせずホーム画面の背景と化す。アプリを使いこなして自分のビジネスに活かしたいけど…どんなアプリをどうやって使えばいいのか…。そんな悩みを抱えるビジネスマンに贈るGMBA特別企画です!

バトンはSansan株式会社 日比谷さんへ!

みなさん、こんにちは! GMBA編集部の鎌田です。

日本のゲームチェンジャーにリレー方式で自社以外のアプリを教えていただく本連載。バトンが回ってきたみなさまには、悔しいけれど勧めたい「業務用アプリ」「今ハマっているアプリ」の2種類のアプリをご紹介いただきます。

4回目となる今回は、経済産業省が導入していることでも有名なクラウド名刺管理サービス「Sansan」を提供しているSansan株式会社の日比谷さんにアプリをご紹介いただきました!

 2015 10 23 12.33.39

日比谷さんはSansanが提供しているコンシューマー向け名刺管理アプリ「Eight」のエバンジェリストであり、Sansan名刺総研 所長も務められているなど、情報へのアンテナを常に張っていらっしゃいます。

そんな日比谷さんが選んだアプリとは…? ムービー、いってみましょう!

アンテナを張り巡らせる! 今、世の中で話題になっていることをチェック!

まず日比谷さんが業務用アプリとして紹介してくださったのは、Yahoo! JAPANが提供する「リアルタイム検索 ~ Twitter検索の決定版」です。

0x0ss 85IMG 0183 1

「リアルタイム検索」とは、Twittwerに投稿されたツイートやFacebookの投稿を検索することができるYahoo!の検索機能です。その機能がアプリで登場。今、話題になっていることをリアルタイムで知ることができるのです!

話題を掴むことは、ビジネスでとても重要なことだと思います。大きな世の中の流れだけでなく、人と人の間で実際に話されていることを知ることで、仕事の「雑談力」を上げることもできますし、緊張しているときでも、話す話題があるというだけで安心することってありますよね。一見仕事とは関わりのない会話から、突然ビジネスチャンスが広がることもあるはずです。

さらに、日比谷さんがお話していたように「エゴサーチ」をすることもできます。自分の会社のサービスが実際に話題になっているのか、どれぐらい拡散されているのか。気になりますよね。

いつの時代も情報にアンテナを張ることはつねに大切だと言われてきました。できるビジネスマンの引き出しは、こういったアプリの活用で増えていくのかもしれないですね! もしかしたら毎日見ているうちに新しいビジネスを思いつくかもしれませんよ!?

ただ聴くだけで終わらせない! 日常の中で曲名をリサーチ!

次に、「今ハマってるアプリ」として紹介してくださったのは「Shazam - 音楽検索」です。

0x0ss 85 1IMG 0181 1

カフェに行ったときに、店内に流れている音楽が素敵で「あ、この曲好きだな」って思ったことありませんか? ふとTVで流れた挿入歌や街中で流れている曲、友達の車で流れている曲。

「この曲、なんていう曲だろう…」

そんなときに役立つのが「Shazam」です!アプリを起動させてShazamボタンを押すだけ!流れている音楽を分析し、その曲名を割り出してくれます。そのままiTunesなどで曲を購入することも可能。

日比谷さんはレコード好きということでこのアプリを活用していらっしゃるそう。仕事と趣味のバランスがとれている方って魅力的ですよね! リアルタイム検索と同様に、コミュニケーションの幅を広げる力にもつながると思います。

初めて日比谷さんとお会いしたのは第1回GMBA Meetupのときでした。その時からお話が面白く、別れた後でもまた会いたいと思わせる魅力があふれていました。日比谷さんの引き出しの多さに、もっとお話を聞きたい!と思ったのを覚えています。

働き方を変える、仕事の効率化を考える。もちろん大事なことですが、引き出しを広げて人としての魅力を広げることも大切なことですよね! ついつい、忙しい毎日に追われがちですが、「リアルタイム検索 ~ Twitter検索の決定版」や「Shazam」のようなアプリでキャッチーな情報をどんどん取り入れましょう!

33

日比谷さん!素敵なアプリをありがとうございました!

それでは、バトンはイサナドットネット株式会社石谷社長へ…

121347 

執筆者

鎌田智春(GMBA編集部 編集者)_Webデザインの雑誌に携わり、GMBAに参加。一応、デジタルネイティブ世代でPCやタブレットに抵抗はなく、アプリやサービスもとりあえず試してみるタイプ。生活の一部になったモバイルについて本当に最大限その力を活かせているのか、本人もまだ模索中。

マイナビニュース×GMBA編集部コラボ企画