Log in

悔しいけれど勧めたい仕事で使えるアプリ2選 アルクテラス新井社長に聞く!【apps relay】

日々、さまざまなアプリが生まれては消え、インストールされてはアンインストールされています。仕事で使えるかもしれないとインストールしたアプリも、なんだかんだ使いこなせずホーム画面の背景と化す。アプリを使いこなして自分のビジネスに活かしたいけど…どんなアプリをどうやって使えばいいのか…。そんな悩みを抱えるビジネスマンに贈るGMBA特別企画です!

バトンはアルクテラス株式会社 新井社長へ!

みなさん、こんにちは!
GMBA編集部の鎌田です。日本のゲームチェンジャーにリレー方式で「業務用アプリ」と「今ハマっているアプリの2種類を紹介いただく本連載。今回は、アルクテラス株式会社(以下アルクテラス)の新井社長です!

アルクテラスは勉強ノートまとめアプリ「Clear」や学習塾の指導支援ツール「カイズ」など学習サービスを提供しています。

arcterus top

そんなアルクテラスを率いる新井社長は、NTTで外資系企業営業や米系コンサルティングファームPRTMで戦略コンサルタント、星野リゾートではスキーリゾート事業の責任者として経営を任されるなど、着実に経営スキルを磨かれてきました。目の前のことに全力で取り組みながらしっかりと広い視野で先のことを考えるられる新井社長だからこその今回のアプリ選出だったかもしれません!

それでは、ムービーいってみましょう!

集中はつくれる! 25分の魔法

ポ、ポロモ…、ポモロ…

ポモドーロ!!(※魔法の呪文ではありません)

新井社長が業務用アプリとしてご紹介してくださったのは25 -集中時間管理ポモドーロ・テクニック-です。

2525 i

みなさん集中するのって得意ですか? 私は、、残念ながら苦手です。タスクをこなしている間につい別のタスクを思い出したりしてしまって、なかなか1つのことに集中できません。それで気づいたら時間がたってしまい、どのタスクも終わってなかったなんてことも…。

そんな私も集中できそうなテクニックがポモドーロテクニックです!25分を1ポモドーロとして、1ポモドーロ終わったら5〜10分休む。休んだらまた1ポモドーロ、5〜10分休憩というのを繰り返していくのです。ポモドーロ・テクニックは開発者で起業家のフランチェスコ・シリロ氏によって発明されました。ポモドーロは日本語に訳すと「トマト」。彼が学生時代にトマト型のキッチンタイマーで行っていたことから名付けられたそう。 

ムービーの中で新井社長もおっしゃっていますが、「25分」といのが鍵ですよね。短いような、長いような、25分だったら集中できそうな気がしてきます!周りにも、今自分は集中していることをアピールして、急ぎの用事以外はポモドーロ後に話しかけてもらいましょう。 

つい同時進行でさまざまなタスクを進めがちですが、この時間はこのタスクしか考えないと決めてしまったほうが、1つひとつのタスクは早く終わりそうですよね!仕事が滞っているなと感じたら、ポモドーロ・テクニックで集中環境を無理やりにでもつくりましょう!

読みたい記事をブックマーク。分野の偏りが見えてくる!?

今ハマっているアプリとして紹介してくださったのはPocketです。

Pocketpocket i

通勤時間やちょっとした空き時間にスマートフォンで記事を読むことが習慣になっている方も多いのではないでしょうか。さまざまなWebメディアが面白い記事をたくさん上げていますし、情報収集という意味でもネットニュースなどは毎日チェックしたいところです。ですが、開いたら意外と長い記事だったり、動画が組み込んであったり、勉強になるのでしっかりと落ち着いて読みたい記事など、すぐ読める記事ってなかなか少なかったりします。

そんなときに役立つのが「Pocket」です。読みたい記事をブックマークしておき、アプリ内に蓄積することができます。タグなどを活用すれば「仕事」「おもしろ」「ファッション」などと分かりやすく分類することも可能です。

簡単に情報を得られる時代だからこそ、情報を整理する能力が重要になっていきます。この情報は自分にとって必要なのか、そうでないのか、決めるのは自分です。自分の有益な情報を収集、分類し引き出しの中にしまっておくことで、いざというときにスマートに話を進められそうですよね!

また、新井社長はブックマークした記事を時折見直すことで、自分が見ている情報に偏りがないかチェックしているそう!私も自分のPocketを見直してみたら、おもしろ系の記事ばかり…。ビジネス系、テクノロジー系の記事もしっかりとチェックしなくては!と背筋が伸びました。みなさんもぜひ、使い続けてみてくださいね。

img01

新井社長!素敵なアプリをありがとうございました!

それでは、バトンは株式会社MAKEYの中村さんと深津さんへ…

img02

執筆者

鎌田智春(GMBA編集部 編集者)_Webデザインの雑誌に携わり、GMBAに参加。一応、デジタルネイティブ世代でPCやタブレットに抵抗はなく、アプリやサービスもとりあえず試してみるタイプ。生活の一部になったモバイルについて本当に最大限その力を活かせているのか、本人もまだ模索中。

マイナビニュース×GMBA編集部コラボ企画