Log in

社会人ラグビーチームのアナリストが語るドローンを活用したデータ戦略【前編】【case study】

東京都府中市に本拠地を構えるラグビーチーム「サントリーサンゴリアス」では、選手のプレー分析と改善に空撮ドローンを活用している。国内トップリーグの中でいち早くドローンを導入した背景には、どのような展望があったのだろうか。同チームで専属アナリストを務める須藤惇氏にお話を聞いた。

W杯イングランド大会がドローン導入のきっかけに

「数あるスポーツの中でも、ラグビーは映像データの分析と活用が進んでいる競技のひとつだと思います」

そう語るのは、ラグビーチーム「サントリーサンゴリアス」(以下、サンゴリアス)で専属アナリストを務める須藤惇氏だ。データに裏打ちされた成長戦略が求められる現代ラグビーにおいて、アナリストはチームの屋台骨とも言える欠かせない存在。その業務は多岐にわたり、試合の映像を管理、分析してコーチやプレイヤーに共有するほか、メディカル、コンディション面でのサポートにもあたる。

img 01

サントリーサンゴリアス 
アナリスト 須藤 惇氏

強豪16チームによる熾烈なタイトル争いが展開されるトップリーグに籍を置きながら、これまでサンゴリアスが獲得したタイトルの数は12にも及ぶ。躍進を続ける同チームが、昨年より新たに導入したのが、DJI社の空撮ドローン「Inspire1」とiPad miniを活用した映像分析だ。

「我々がドローンを導入するきっかけとなったのは、昨年開催されたW杯イングランド大会でした。日本代表チームのアナリストである中島正太さんが練習にドローンを導入し、空撮映像を選手やコーチと共有していたのです。日本代表に選出されたサンゴリアスの選手も、ドローンを使った練習には効果を感じていたようで、うちのチームでも昨年の8月に導入することを決めました」

top01マルチコプター・ドローンの企画、研究、製造、販売及び輸入撮影設備及びその部品の企画、研究、製造、販売及び輸入などをおこなるDJI JAPANA株式会社。2014年にハイスペック空撮用マルチコプター「Inspire 1」をリリースした。

ドローンを事業で運用するとなると、一定水準の操縦技術と知識は必須となる。チーム練習に導入できるレベルまで操縦に慣れるには、どれくらいの期間がかかったのだろうか。

「私がラッキーだったのは、ドローンを導入して初めて操縦する場所が、当時合宿で訪れていた北海道・網走だったことです。周囲に人や障害物がない環境で、基本操作をとことん練習できたので、3、4回目のフライトで、ある程度の勘をつかむことができました。……とはいえ、何事も油断は大敵です。ドローンを飛ばす際には周囲にネットを張り、機体に高度制限をかけて細心の注意を払いました

img 002

画像:DJI JAPAN提供

ドローン導入以前も、チーム練習の様子をハンディーカメラで撮影し、スタッフや選手に共有していたという須藤氏。空撮によって、その映像の精度は格段に上がったようだ。

「空から撮影することでプレイヤーの動きを立体的にとらえられる、というのがドローンのメリットだと思います。ラグビーでは主に、プレイヤーが密集するブレイクダウンなどの局面と、パスを回しながら敵陣へ攻める局面があります。前者はハンディーカメラでも問題なく撮影できますが、後者の場合はワイドビューで全体をとらえる必要があるため、地上からハンディーカメラで撮影するだけではプレイヤー同士の距離感がつかみづらいことがあったのです」

ラグビー日本代表のトレーニングでは、プレイヤーが倒されてから起き上がるまでの「リロード」の時間も空撮映像で計測していたという。画角の広いドローンを使うことで、撮りこぼしのリスクも激減したという。

「ハンディーカメラを使っていた頃は屋上からグランドを撮影することも多かったのですが、プレイヤーが死角に移動すると映像に残すことができない点がネックでした。しかし、ドローンはプレイヤーの動きに合わせて自在に空中を移動できるので、常に最適なアングルで映像を押さえることができます。また、細かい点ですが、フライト中にコントローラーのiPad miniで映像の明るさなどを調整できるのも非常に助かっています。これまで使っていたハンディーカメラでは、録画を開始すると明るさの変更ができなかったりしたのですが、Inspire1にして撮り損ねてしまうことが減りました」

収集した映像は専用サーバとYouTubeで共有

練習のたびに動画を撮影するとなると、そのデータは膨大な量となる。普段、パソコンを使う習慣がない選手やコーチに映像を共有するうえでは、「視聴環境の整備」も重要なミッションだ。

「Inspire1で撮影した動画は、練習のメニューごとに分類したのち、チームのサーバにアップします。ネットワーク内にあるマシンからはいつでも視聴できるため、空き時間に会社のパソコンでアクセスしている選手も多いようです。今では同じ動画をYouTubeにもアップしてチームメンバーだけに公開しているので、選手やコーチはスマホから視聴することも可能です。Inspire1で撮影した練習の動画を特に重宝しているのは、バックスの選手ですね。ミーティングでは、動画をチェックしながら各々の動きを確認しています

「データの共有ツールに何を選ぶのか」という選択ひとつ取っても、アナリストには気配りとセンスが求められる。すべてのメンバーに最適な視聴環境を整えようとする須藤氏の姿勢は、新たなテクノロジーを組織に浸透させるうえで欠かせないものと言えるだろう。続く後編では、サンゴリアスにおけるデータの運用と効率化について、さらに踏み込んだ内容をお聞きする。

AUTHOR/中筋 義人