Log in

三井住友カード、顧客コミュニケーションの一元管理にMarketing Cloud導入【news】

三井住友カードとセールスフォース・ドットコムは、三井住友カードのデジタルチャネルでの顧客コミュニケーションを一元管理し、関係を築くための基盤としてSalesforce Marketing Cloudを導入したことを発表した。

三井住友カードは、Web、メール、アプリ、SMSなど、さまざまなチャネルを一元管理したデジタルマーケティングを強化することで、利用者とのつながりをより強固にし、顧客ロイヤリティの向上を目指すという。

Marketing Cloudの導入により、顧客行動の可視化が継続的に精緻化できるため、より最適なタイミングで、最適な情報を、最適なチャネルを通じてコミュニケーションを行っていくことが可能となるという。

同社では、3月からMarketing Cloudを活用して、メールとSMSから段階的にデジタルマーケティングの強化を図っていくとしている。

 

Author:マイナビニュース