Log in

新型iPhoneなど盛りだくさん! - Appleのスペシャルイベントを振り返る【topics】

日本時間の3月22日未明、米Appleはスペシャルイベントを開催した。以前より噂に上がっていた4インチの新型iPhoneが登場したほか、9.7インチの新型iPad Pro、Apple Watchの値下げなど、多岐にわたっての発表となった。

Apple本社内での最後の発表

スペシャルイベントの会場となったのは、Apple本社内のタウンホール。ここは収容人数200人程度の小さなホールだが、過去にiPodが発表されるなど、重要な製品の発表に使われてきた場所だ。Appleの発表会というと世界中から大勢のマスコミが大挙して押し寄せるイメージだが、今回はこの小さなホールが舞台とあって、参加できたのは全員Appleから招待された記者だけとなった。

世界中から招待されたプレスで満員。以前はもっと小さいホールだったが、改装されて少し広くなった

ちなみにApple本社は2017年に、現在の場所からやや離れたところに現在建設中の「Apple Campus 2」に移転することが決まっている。来年からは故Steve Jobs前CEOによる最後の作品とも言える同社屋が発表会の場となり、現在のタウンホールはこれが最後の晴れ舞台ということになった。

プライバシーへの配慮を改めて宣言

発表会にはTim Cook CEOが登壇。冒頭、Appleが今年4月1日で創立40周年を迎えること、現在「アクティブな」(=使われている)製品が世界中で10億台にも達したことをアピール。これらが誇りであるとともに、責任も重大であるとし、特に人々のプライバシーと環境を守らねばならないと指摘した。

すっかり発表会の顔となったTim Cook CEO

Appleは現在FBIから、テロ容疑者のロックされたiPhoneを解除せよと迫られているが、顧客のプライバシーを理由にこれを拒否。製品に対するバックドア(政府などが暗号化を強制的に解除できる仕組み)の義務化にも反対しており、IT業界全体を巻き込んだ議論になっている。当然この事態を前提とした上で、絶対に顧客のプライバシーを侵害しないと宣言し、大きな拍手を受けた。

Apple製品専用の分解マシン「Riam」

続いて環境対策について話題が及び、Lisa Jackson環境担当副社長が登壇。同氏によると、世界で自社が使っている電気の93%を太陽光発電、風力発電、水力発電といった再生可能エネルギーでまかなっており、特に米国、中国を初めとする23カ国では100%に達している(日本はこの中に含まれない)という。

日本は再生エネルギーへの依存率が低め。電力が自由化される4月からの電力自由化でなにか動きはあるだろうか?

また、パッケージの99%が再生紙で作られていること、iPhone本体のリユース&リサイクルのため、専用の分解マシン「Liam」を導入し、ネジ1個にいたるまで分解して再利用する様が紹介された。

iPhone分解マシン「Liam」。回収されたiPhoneはパーツ単位にバラバラにされ、再びほかの製品にリサイクルされる

「CareKit」4月提供

次いで健康に関する取り組みとして、すでに世界各所でiPhoneを難病研究に活用するための「ReserachKit」があるが、ここに患者をケアするためのアプリに向けたフレームワーク「CareKit」が4月に投入されることが発表された。CareKitはオープンソースで、すでに米国の主要な6つの医療機関が開発を進めており、最初の対応アプリはパーキンソン病患者向けのものとなる。

Healthに関してはCOOのJeff Williamsが登壇してプレゼンテーションを担当した

カラフルな新バンド

みたびティム・クックCEOが登壇し、Apple WatchとApple TVについても紹介。Apple Watchが昨年最も売れたスマートウォッチであり、顧客満足度もNo.1であったことを紹介し、新しいナイロン製バンド「ウーブンナイロン」(5,800円)と、スポーツバンドなど既存のバンドに新色が発表された。Apple Watch本体も299ドル(日本価格:36,800円)に値下げされる。

No.1であることは明らかになったが、具体的な台数やパーセンテージには触れられなかった。値下げしたことを鑑みれば結論は明らかだろうが……

ナイロン製でカジュアルな「ウーブンナイロン」。バンドの織りは日本で行われているという

tvOSも強化

Apple TVについてはリリース後半年で5,000本の専用アプリが登場したことを明らかにし、テキストの読み上げやApp Store内のSiri検索などに対応したtvOSの最新版が本日から提供されることが発表された。

最新版OSの配布は「設定」画面からアクセスする

iPhone 5sのケースも使える? 新型iPhone「SE」はコスパ高し

話題はみなさんお待ちかね(であろう)iPhoneに。4インチのiPhoneが2015年に3,000万台も販売されたことを受け、「小型のiPhoneを愛するユーザーのために」という触れ込みで新型のiPhone SEが発表された。製品名に数字が入らないのは初代iPhone以来となるが、形状を見ると、実質ほぼiPhone 5sと変わらない感じだ。ちなみにボディカラーはiPhone 6sと同じ4色構成になる。

現地の情報ではケースもiPhone 5/5s用のものがそのまま使える場合があるとのことで、サイズ面ではほぼ同じ感覚で使えそうだ。

一方、中身は大幅に変わっており、CPUにはApple A9を搭載。5sと比べてCPUパワーで2倍、GPUに至っては3倍高速化したというのがウリだ。カメラは像面位相差AF対応で4K撮影も可能な1,200万画素になり、NFCを搭載してApple Payの支払いも可能になっている。ここまで見ると内部はほとんどiPhone 6sのようだが、一方で3D Touchには非対応だったり、LTEの通信速度が150Mbps止まり、Wi-Fiも11acながらシングルアンテナなので433Mbps止まりと、6sより見劣りする点も多い。とはいえバッテリーも5sより20~30%程度長持ちするようで、全体としては大きなパワーアップになっている。

3月24日に予約を開始し、販売は31日から。SIMフリー版の価格は16GBモデルが税別(以下同)52,800円、64GBモデルが64,800円。全体としてはコストパフォーマンスが高く、iPhone 5s以前からの乗り換えを検討しているが、大型液晶の端末は操作が不安という人にピッタリのモデルだ。

なお、iPhone SEに搭載されるiOS 9.3が本日から配布開始される。既存機種については、夜間や暗所でブルーライトを低減させる「Night Shift」などが一足早く体験できる。

iPad Proに弟分登場

iPadについては、既存の12.9インチモデルに加えて、初代iPadと同じ9.7インチ液晶を搭載したモデルが登場した。9.7インチモデルは液晶のサイズと解像度こそ12.9インチモデルと比べると低いが、その他のスペックはほぼ12.9インチモデルを踏襲しており、Apple PencilやSmart Keyboardといった周辺機器も利用可能。LTE通信がLTE-Advanced対応し、カメラについては12.9インチの800万画素から1,200万画素へと、むしろパワーアップしている面もある。iPad Proの2機種はいずれもストレージ容量256GBモデルが新たに追加されており、大容量の動画なども扱いやすくなった。

12.9インチのiPad Proはパワーも画面の見易さも申し分ないのだが、いかんせんサイズが大きすぎて、持ち歩くにはそれなりに覚悟が必要だ。iPad Air 2とキャラクターが被るとはいえ、9.7インチというサイズ感はちょうどいいと感じるユーザーも多いだろう。Apple Pencil対応なども含め、現モデル以上に注目を集めそうだ。

2サイズ構成となったiPad Pro

価格は32GBのWi-Fiモデルが66,800円、128GBが84,800円、256GBが102,800円。セルラーモデルは32GBが84,800円、128GBが100,800円、256GBが118,800円。カラーはiPhone SEと同じ4色構成。処理性能もタブレット随一だが、価格帯もノートパソコンと重なっており、利用するアプリや仕事のスタイルによってはどちらを選ぶかが悩ましそうだ。iPhoneと同じく、3月24日予約開始、31日発売だ。

iPadシリーズはこれでiPad mini 2、mini 4、Air 2、Pro(9.7)、Pro(12.9)と5モデルにもラインナップが広がっており、iPhoneと同じくラインナップが広がりすぎている感がある。特にiPadはここしばらく売り上げが右肩下がりという状況が続いており、ラインナップ中の機種の性格が被ることで、余計に決め手を見つけにくくなってはいないだろうか。ユーザーはどの機種を選べばいいのか、もう少しわかりやすく絞り込んでくれてもいいように思う。

凝縮された1時間

昨今スペシャルイベントは2時間近く開催されることが多かったが、今回のイベントはほぼ1時間で終了した。リーク通りだったとはいえ、主力製品であるiPhoneの新機種をはじめ2カテゴリーで新機種が登場し、Apple WatchやApple TVのアップデートもあるなど、かなり盛りだくさんな1時間だった。冒頭に書いたように現本社での最後の発表会ということもあって、気合が入っていたのかもしれない。iPhone 6sシリーズの売り上げが予想を下回り、iPadも不振が続くなど、Appleをめぐる環境はやや厳しくなってきているが、今回はそのような懸念を吹き飛ばすような手堅いラインナップの拡充となった。

ひとつ気になったのが、これまでAppleの新製品発表は秋(9~10月)に集中していたが、今日登場したモデルについてはこのまま春にモデルチェンジが来るようになるのか、ということだ。iOS機器はOSのアップデートに合わせて新機種が来るという事情もあるため、iPhone SEや9.7インチiPad Proのように人気を集めそうな機種が半年ずれるというのはどうも不自然だ。もしかすると秋にはまたラインナップの再編成があるのかもしれない。

 

Author:マイナビニュース