Log in

注目が高まるIoTを支えるモバイルネットワークの最新動向を追う【topics】

OPtitle sano

2015年に大きな注目を集めたものといえば、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)ではないだろうか。あらゆるモノがインターネットに接続するというIoTの概念を実現する取り組みはさまざまな方面から進められているが、IoTに欠かすことのできないモバイルネットワークに関しても、昨年大きな動きが起きてきているようだ。法人向けを主体とした、IoTを支えるモバイルネットワークに関する最新の動向を探ってみよう。

IoTの活用に欠かせないモバイルネットワークの現在

スマートフォンの次を模索しているIT業界で、昨年一躍注目を集めたのがIoTだ。さまざまなモノに通信機能を搭載し、相互に通信することで新しい価値をもたらすというIoTの概念は大きな話題となり、急速にIoTに関する取り組みが広がったのは記憶に新しいところだ。

IMG 9431

今年は、スマートフォンから開錠できるスマートロック「Akerun」などさまざまなIoT関連機器・サービスが大きな注目を集めた。

モノが通信すると聞いて、何ができるのかイメージしづらい人も多いかもしれない。しかしながらIoTには、従来の機械間通信(M2M)も含まれることが多い。たとえば自動販売機やスマートメーターなどのように、通信モジュールで、定期的に売上情報を送るという仕組みも、IoTの事例の1つとして捉えることができるだろう。

さらに最近では、通信技術だけでなくセンサー技術も急速に発展しており、さまざまなセンサーを通じてリアル空間の幅広い情報を取得できるようになっている。そうしたセンサーで取得した情報を逐次送信してクラウドに蓄積し、ビッグデータを分析して戦略を立てる……といったことも可能となりつつある。IoTの時代になって、従来のM2Mの範囲を超えた、より幅広いビジネスへの活用が可能になりつつあるのだ。

そのIoTを導入する上で重要となるのは、やはりネットワークの部分であろう。IoT向けをうたった機器の多くは、Wi-FiやBluetoothを用いて通信することが多い。だが法人で利用する場合、機器を屋外に設置して利用したいというケースも少なからずあることから、モバイルネットワークを用いて通信ができることが求められる。

個人のスマートフォン利用とは異なり、IoT/M2Mではやり取りするデータ量が少ないことが多いため、通信速度よりもむしろ、消費電力が少なくコストが安いことが求められる。それゆえ採用される通信モジュールも、現在のところは価格が安い3Gのものが主流だ。しかしながら最近、この分野でもLTEが大きな注目を集めるようになりつつある。

その理由はLTEの「カテゴリー0」にある。これは、1.4MHzという狭い帯域幅の電波で通信をするLTEの規格で、昨年制定されたもの。スマートフォンなどで一般的に利用されているLTEのカテゴリー(現在はカテゴリー5、6などが一般的)と比べ、帯域幅が狭い分通信速度が上り・下りともに1Mbpsと遅い。だがその分消費電力が低く、コストも下げやすくなっている。

しかも、カテゴリー0とはいえLTEであることに変わりはないことから、3Gと比べ遅延が大幅に少ないというメリットも備えている。特に遠隔で制御するような機器に通信モジュールを導入する場合、遅延が少ないことは非常に重要な意味を持つことから、低コストで低遅延を実現できるLTEのカテゴリー0は、ある意味貴重な存在ともいえるのだ。LTEのカテゴリー0に対応する通信モジュールなどは今年登場すると見られることから、それを機として今後、IoT/M2M向けとしてLTE対応モジュールの導入が急速に進むと考えられそうだ。

ちなみに移動体通信方式の標準化団体である「3GPP」では、カテゴリー0の延長線上として、IoT向けに活用しやすい機能を充実させたIoT向けのLTE規格「LTE-M」の検討が進められている。またLTEの次の通信規格となる「5G」においても、同時接続数を大幅に増やすなど、IoTを意識した仕組みの導入が検討されているようだ。

PA292180

低速ながら低消費電力・低コストを実現できるLTEのカテゴリー0が制定されるなど、IoTに適した通信方式の拡充に向けた動きが進められつつある。

 

MVNOの取り組みにも注目したい

そしてもう1つ、IoT/M2M向けのネットワークという視点で注目されるのが、MVNOの取り組みである。実はM2Mの分野は、MVNOが古くから力を入れていることもあって、MVNOがさまざまなサービス開発を進めている。そうしたことからIoTにおいても、MVNOがその立ち位置を活かした独自性のあるサービスを提供する動きが増えつつあるのだ。

それを象徴しているのが日本通信だ。同社は昨年12月、IoT/M2Mなどの用途に向けた「2SIMルーター」を発売している。これはモバイルのデータ通信回線を用いたWi-Fiルーターなのだが、大きな特徴はその名前の通り、2枚のSIMを挿入し、異なる2つのキャリアのネットワークが利用できるということだ。

PC010776

日本通信の「2SIMルーター」は、異なるキャリアのネットワークに対応した2枚のSIMが挿入されている。

実際2SIMルーターには、日本通信が提供しているNTTドコモのSIMと、同社の米国にある子会社が、ボーダフォンのMVNOとして提供しているSIMが挿入されている。後者のSIMは、ローミングによってソフトバンクのネットワークに接続することから、国内で2キャリアのネットワークに対応できる訳だ。それゆえ、もし一方のネットワークがダウンしてしまった場合でも、もう一方にすぐ切り替えることで、速やかに通信を復旧できるのが、2SIMルーターの最大の特徴となっている。

2キャリアのネットワークを利用するというのは、自社でインフラを敷設する大手キャリアにはできないだけに、こうした仕組みを実現できるのはMVNOならではだといえる。日本通信では今後、2つの通信モジュールを搭載して双方を同時に通信させておくことで、ネットワークダウン時に、もう一方のネットワークへと瞬時に切り替えられる「2Moduleルーター」の提供も予定しているとのことだ。

企業にとっては事業の継続性が非常に重要であり、IoT向けのネットワークにおいてもバックアップが重要となることに変わりはない。最近では日本通信以外にも、インターネットイニシアティブ(IIJ)やケイ・オプティコムなどのように、複数キャリアのMVNOとなるケースは増えていることから、異なる2つのネットワークを活用した法人向けのIoT機器向けサービスは、今後一層増加すると考えられそうだ。

IMG 2817

MVNO大手のIIJは法人向けに、NTTドコモだけでなくKDDI(au)の回線も借りており、2つの異なるネットワークを活用したサービスを提供している。

このように、ネットワークを巡ってもIoTに関しては新しい動きが次々と起きている。それだけに今年はIoTに関する機器だけでなく、その足元を支えるネットワークにも、ぜひ注目しておきたいところだ。

 

Author

佐野正弘/福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。