Log in

3DプリンタとiOSで製造業変わる! ケイズデザインラボの原氏が語る産業革命【topics】

 

原雄司氏が代表取締役をつとめるケイズデザインラボは、2006年の設立以来、3D造形に関するツールの販売やソリューション提供などを手がけてきた。原氏自身は3Dプリンタに関する著書も多くあり、講演活動やメディア出演なども行っていることから"3Dプリンタ"のイメージも強い。

同氏は3Dプリンタとの最初の接点について「私は元々切削マシニングセンタの開発をしていましたから、3Dプリンタはどちらかといえば敵でした。いつか自分たちの仕事が3Dプリンタに置き代わってしまうのではないかという不安を感じて研究をしたのが始まりです」と語る。

ケイズデザインラボ 代表取締役 原 雄司氏

原氏は以前、通信機器メーカーに6年勤務する中で、試作における物作りと、2D/3D CADの社内普及に携わったという。原氏にとって、この頃がインターネットと3Dデータによる物作りが結びついた時期だ。

「実は働きながらプロの格闘家もやっていたんですが、当時、Macintoshに感動して、ファイトマネーを注ぎ込んでClassicを買いました。原点はここで、設計データをネットで送れば、別の場所で同じものを作れそうだと感じました」(原氏)

その後、CAD/CAMのソフトウェア会社に移り、2000年頃にローランドDGが開発した個人用のデスクトップ切削加工機向けにソフトウェアを開発する会社を設立したことが、現在に至るきっかけになる。

「当時は、2Dデータの図面のプリントアウトは当たり前にできるようになったのに、立体のモックアップを作るのはものすごく敷居が高かった。設計の意図を上司に説明し、稟議書を書き、試作業者に出す。その手続きだけでも時間がかかり、戻ってくるまでに早くても2週間。ひどい時にはモックアップすら作れないこともありました。そういう時、手元で2Dプリンタのように造形ができればすごいなと思っていました。ローランドDGがそれを実現してくれ、設計者の手元で物作りができるようになって、世の中が変わるなと思いました」と原氏は語る。

創業時のケイズデザインラボは、3Dプリンタなどのハードウェア販売や3Dプリントショップの開業サポートなどを手がけていた。高等専門学校や工業高校、ポリテクセンターなどへの販売を主体とした業務からスタートし、現在に至る。原氏よれば、これまで3Dプリンタのブームは3回あったという。「最初が2000年です。ローランドDGが小型切削加工機を出した。これからだという時に、日本製で300万円以下の3Dプリンタが登場したのです。また、その頃、いまや2大大手メーカーとなった3D systemsとStratasysの製品を扱う大手商社が出てきたので、普及が始まると感じました」(原氏)しかしハードウェアコストが高く、出力すべき3Dデータがほとんど存在しないという問題があり、実際には普及に至らなかったという。「日本の製造業は非常に優秀で、設計者が未熟な設計図面を出しても試作業者の方で汲み取って、いい塩梅に仕上げてくれるという風土があった。だから、3D化する必要性があまりなかったのです」と原氏は理由を説明する。

 

 

2度目のブームは、原氏がケイズデザインラボを創設した直後の2007年頃だという。ちょうどフルカラー3Dプリンタが世に出たこともあってメディアが注目し、原氏にもメディア出演依頼が相次いだという。

「『夢の3Dコピー機』というような言い方で取り上げられましたが、データを作る方の重要性には誰も注目せず、完成品がポンと出てくるようなイメージを持たれていたようです。当時は、印刷会社が『そろそろ3D印刷機を入れよう』というような感覚で導入して大失敗したということもありました。うちとしては機器導入が増えたのですが、心の痛む状況でした。データの扱いをどうするのかと問うと『何年もPhotoshopをやってきたから大丈夫』という感じでした」(原氏)

根本的に2Dと3Dのデータが違うという以前に、見た目を整えるグラフィックスデータ作りと設計用のデータ作りの違いすら理解されていないまま、ただ3Dの造形物が簡単に出力できるというイメージだけが先行したため、このブームも一過性のものに終わったという。

そして現在に続く、第三次ブームともいえる時期の始まりが2012年頃だ。米国で起こったFabLabのブームや、オバマ大統領が演説の中で3Dプリンタに触れたことをきっかけに盛り上がりを見せた。

「メディアが何とか元年と騒いではしぼみ、何度か繰り返してから定着するというのが日本の常ですから仕方がないことですが、このブームもいつまで続くかなと思ったりもしました。ただ、過去のブームと圧倒的に違うのは、基本特許の切れた技術がいくつか出てきたことで個人向けに10万円台の非常に安価な3Dプリンタが出てきたことや、3Dデータを安定して送受信できるだけのインフラ環境が整ったこと。これらの影響は大きいだろうと感じています」(原氏)

日本では若干ブームがしぼんでしまったように感じる部分もあるが、海外ではしっかり定着してきているという。また、今回のブームではWeb系やIT系、ファッション系といった非製造業からの注目が高まったのも特徴だという。

もう1つ、ブームによる大きな変化として原氏が挙げたものにMac OSでの物作り環境がある。

「これまで3DのソフトでMac OSで動くものは限られていたのですが、一気にMac OSやiOS対応のものが出てきました。これは画期的でした。CAD/CAMベンダーがWindows版とMac OS版を同時リリースするようになってくれました」(原氏)

原氏はiPhoneで実際に3Dの人体模型を動かせるアプリを動かしながら、「すでにこういうアプリも弊社から出しています。今後はタブレットからも作れるようになったり、一部機能を制限して一般の人でも使えるようになったりと変化していくでしょうね。すでに我が家では小学生の子供が子ども向けの3Dデータを作れるアプリを使って、3Dプリンタに出力したりして遊んでいます」と進化を語った。

iPhoneでケイズデザインラボの3Dアプリ「K’s 3D Viewer」を操作する原氏

簡単な模型を動かすようなアプリはいくつかあるが、環境が多彩すぎるAndroid版に比べて、iOS版の方が安定しているともいわれている。また日本ではiOSユーザーが多いこともあり、今後普及して行くことが考えられるという。

ケイズデザインラボでは自社開発のボディスキャナに対応するiOSアプリも用意しているほか、図書館などの公共施設に3Dプリンタを設置し、3Dデータが作れるiOSアプリを使ったワークショップの開催など、子供をはじめとした一般ユーザーが3Dデジタル技術に触れることのできる入り口となる取り組みも行っている。

新しく取扱をはじめたデスクトップ型3Dスキャナ

こちらはボディスキャナ

一方、産業側からも試作品作成のような内部利用だけでなく、一般ユーザーが触れられる形で出てくるものが増えそうな動きが見えてきている。

「衣類や靴などを個人のサイズにフィットするようにカスタマイズするサービスも出てくるでしょう。大量生産に近いコストでカスタマイゼーションができるわけです。ショップの店頭でカスタマイズして販売するという手法を大手メーカーが目指しているという話もあります。それくらい幅広い分野で必要とされうる技術だと思います」(原氏)

3Dプリンタは切削加工等に比べて複雑な形状が作れるほか、複数の材料を組み合わせた合成素材をその場で作れるという特徴を持っている。医療分野で使われる生体適合性のあるものや、フードプリンターなども研究されており、適用できる分野も幅広い。近い将来、実際に我々が日常的に身につけるようなもので3Dプリンタ製品が登場しそうだ。

「いま目に出来る限りで3Dプリンタで出てくるものというと、どこかオモチャっぽいものが多いですし、フィギュアなどの作例が多いですよね。これが少し誤解を招いている部分があると思います」と原氏は語り、すでに産業分野での活用が十分に進みつつあることを示した。その大きな一例が、ケイズデザインラボの開発した「D3テクスチャー」だ。皮等の表面に凹凸をつけるシボ加工では型を作る時、従来薬品で金属を腐食させていた。当然計算された結果を出すのは難しく、同じ型を複数作りたいという需要にも応えづらい。「D3テクスチャー」はそうした課題をデジタル加工で型作りすることで解決する。

D3テクスチャー」(右)

3月2日に開催される「iOSコンソーシアム無料セミナー」では、原氏が「3D技術革新が拓く未来の製造業」と題した講演を行うが、同日に講演を行うオリンパスが展示する「OPC Hack & Make Project」の製品に「D3テクスチャー」で作成したシボ加工つきの素材を貼り付けるなどコラボレーション展示も行われる予定だ。

明るい未来の製造業を拓く iOSコンソーシアム無料セミナー ~次世代 one to one~

日時:2016年03月02日 13:15- 18:00(開場12:45)
会場:イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA
  (〒104-0031 東京都中央区 京橋3丁目7-1
対象:製造業、開発者、デザイナー、IT、新規事業創出
定員:先着150名
費用:無料
詳細・申込:iOSコンソーシアムのサイト
プログラム:
基調講演:「マスプロダクションにおけるこだわりの逸品」(関ものづくり研究所 代表 関伸一氏)
講演1:「3D デジタル技術による“ハラダイムシフト” マス・カスタマイゼーション時代のものづくり」(ケイズデザインラボ 代表取締役社長 原雄司氏)
講演2:「OPC Hack&Make Project - ユーザとの共創による新しいものづくりへの挑戦 -」(オリンパス 技術開発部門 佐藤明伸氏)

※参加した人にはもれなく、iOSコンソーシアム製造WGが総力を上げて作りあげた総ページ数100ページを超える「iOS導入・運用ガイド」を無償進呈する。

「製造業にとってiOSやMac OSは馴染みの薄いものかもしれませんが、実は工作機械や3Dプリンタの中にカスタマイズが許されている機種が増えています。私の知り合いにもFileMarkerを使ってiPadで機械の効率化やスケジューリングをしている人もいて、身近になりつつある存在です。iOSにも製造業向けのアプリも出ていますから、下請け作業ではなく一般コンシューマー向けに自らビジネスを行おうと考えた時には、それらを活用する意義は高いと思います」と原氏。

今後、製造業が伸びて行くにあたって1つの鍵になりそうな3DプリンタとiOSという組み合わせについて知ることができるチャンスになりそうだ。

 

Author:マイナビニュース