Log in

Pepperが顔馴染み客対応や外国語を翻訳 - Azure活用で多彩な"おもてなし"【topics】

日本マイクロソフト 代表執行役 社長の平野 拓也氏(右)とソフトバンクロボティクス 代表取締役社長の冨澤 文秀氏(左)とPepper(中)

日本マイクロソフトとソフトバンクロボティクスは3月8日、クラウドロボティクス分野における戦略的協業を発表した。

第一弾として、人型ロボット「Pepper」とクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の連携を行う。大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」や2-in-1デバイス「Surface」を利用して、クラウドに対応したロボットが顧客ニーズに応じた接客を行う小売業界向け次世代型店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を共同で構築する。同ソリューションは、2016年秋をめどに日本市場で展開する。

AzureとPepperやSurfaceなどの連携では、店頭における顧客行動やPOS売り上げなどの膨大なデータを、スマートフォンやECなどのデータとAzure上で統合し、Azure IoT Suiteで解析する。解析したデータは、オムニチャネルで顧客ニーズをリアルタイムで把握して、ニーズに沿った商品を、SurfaceデバイスやPepperによって提案する。Pepperなどで店舗での接客を重ねることで、Azure IoT Suiteの機械学習機能を通して、プロアクティブかつ適切な"おもてなし"を実現するとしている。

将来的な目標としては、Microsoft Translatorによる多言語対応の翻訳や、PepperとMicrosoft Azure上で提供される「顔・音声認識技術」、マイクロソフトのパーソナルアシスタント「Cortana」を組み合わせた活用も進めていくとしている。なお、3月24日~30日に期間限定でオープンするロボットのみで接客する携帯電話ショップ「Pepperだらけの携帯ショップ」でソリューションの実証実験を行う。

会見では平野氏がPepperの接客を受け、ほしい商品のレシートを受け取って買い物を行った

同日行われた記者説明会には、日本マイクロソフト 代表執行役 社長の平野 拓也氏とソフトバンクロボティクス 代表取締役社長 冨澤 文秀氏が登壇した。

未来の商品棚は、「店舗をネットに拡張する」(冨澤氏)もので、Pepperが接客対応を行う。ネットストアとの連携により、リアル店舗で在庫がない場合でも商品案内が可能となり、冨澤氏は「商品を無限に持てる」との表現で、そのメリットをアピールしていた。

ただ、そうした表面的なメリットだけでなく、将来の人口減や訪日外国人の増加などの社会トレンドに対応できるメリットもこのソリューションにはあると両社長は明言する。ロボットであれば、無機質なディスプレイとのコンタクトではなく、会話を成立させつつ、翻訳機能を活用してほかの店員に外国人の意図を正しく伝えることができる。まさにスターウォーズのC-3POのような役割といえるだろう。

突然の外国人観光客にも、Pepperという"インタフェース"を介してやり取りできる

「これまでのAzure製品の組み合わせでも、顧客に合わせたレコメンデーションや売上分析は可能。ロボティクスという存在を加えたソリューションだからこそ、人口減を埋めて、売上向上に繋げることができる」(日本マイクロソフト 平野氏)

マイクロソフト側では、日本マイクロソフトだけでなく、本社の開発メンバーもソリューション作りに参加しており、ロボットを活用したコンシューマに応対する"世界初の取り組み"として、同社がかける期待は大きい物があるという。

「グローバルでAzureを活用して顧客企業の売上拡大に貢献するような取り組みは色々あるが、ユニークなものは何か、ということで、面白くて、重要な、インパクトがあるものとして、今回の発表まで進めてきた。グローバルの中でも、珍しい事例だと考えている」(平野氏)

既存のマイクロソフト製品を利用しているが、それぞれを組み合わせて統合ソリューションとして小売業に提案していく

ソフトバンクとしては、IBM Watsonとの連携を先日発表したばかりだが、棲み分けはどのようになるのだろうか。

「今回のソリューションはリテール(小売)ソリューションということで、売上分析やトランスレート(翻訳)などの複合的なものになっており、Watsonとは目的が異なっている。元々、Pepperはオープンなプラットフォームとして提供しているので、それぞれのニーズにあったソリューションの提供をしていきたい」(冨澤氏)

価格やレンタルなどの提供体系は「乞うご期待」(平野氏)というソリューションだが、将来的なグローバル展開を平野氏、冨澤氏がともに口にするなど、両社がかける期待も高い。小売業は大規模店舗だけでなく、中小型店舗も幅広く存在することから、提供価格が"キモ"になってくるが、そうした普及の壁をPepperがどのように乗り越え、小型ロボットのスタンダードになりうるのか注目したい。

 

Author:マイナビニュース